Android 6 Marshmallowを使用すると、Androidデバイスの内部記憶メモリを増やすことができます



Android 6.0 Marshmallowが発売され、NexusやAndroid Oneなど、ますます多くのデバイスがAndroid 6.0に移行する予定です。 Android 6.0の重要な新機能の1つは、内蔵ストレージとしてSDカードを使用するオプションです。

この機能により、できれば新規または既存のMicroSDカードを内部ストレージとして構成し、メディアストレージに加えてAppsをインストールするために既存の内部ストレージに追加することができます。

アプリをAndroid 6.0 Marshmallow以降の外部SDカードに移動する必要はありません。 MicroSDカードを内部ストレージとして設定するには、使用目的に応じてカードを内部またはポータブルとしてフォーマットする必要があります。

あなたのAndroid 6.0デバイスを最初にアップグレードまたはセットアップしている間、それは続行するためにSDカード設定を求めます。

あなたが既にそれを設定していて、それを変更したいならば、あなたはSettings-> Storage&USBから始めることができます。 これでストレージオプションが表示され、SDカードがリストに表示されます。

画面のSD Cardオプションを開くと、メモリカードの内容が表示されます。 あなたはそれの中の各フォルダを開くと、あなたは画面からSDカードに保存されているアプリやメディアを見ることができます。 内蔵ストレージとして変更するには、この画面から「設定」を開く必要があります。

設定メニューには、SDカードを内部ストレージとして変更するオプションが表示されます。プロセスを開始するには、「Format as internal」をタップする必要があります。 このプロセスを開始するには、早くて新しいSDカードを使用することをお勧めします。 このフォーマットを変更してもデータはすぐには消去されない可能性がありますが、ファイルを含む既存のSDカードを変更している場合は、Androidにアクセスできなくなります。 あなたはフォーマット後にあなたの古いファイルを元に戻すためにそのバックアップを要求するでしょう。 このプロセスを再開する前に、常にそのSDカードのバックアップを取ることをお勧めします。

新しいSDカードから始める場合は、Android 6.0 Mデバイスは、上記の手順をすべて省略することで、[ストレージ]オプションを[内蔵]または[ポータブル]として選択するように指示し、次の手順でフォーマットを続行できます。

[内部フォーマット]を選択すると、データ損失を防ぐために次の画面にSDカードをバックアップするための警告メッセージが表示されます。 すでにバックアップを取っている場合は、フォーマットをタップして続行します。

これで、デバイスはSDカードをフォーマットし、内部ストレージとして機能するために必要なフォルダを作成します。 通常の低速SDカードが原因でエラーが発生した場合は、もう一度プロセスを終了してください。 それが完了したらあなたはメッセージを受け取り、あなたのストレージメモリはあなたのSDカードストレージの量に追加されます。 あなたのデバイスでSettings-> Storage&USBを開いて確認できること。 このフォーマットの後にデバイスにインストールするアプリはSDカードに保存されます。

通常どおり、メディアまたは他のファイルをSDカードに追加でき、USBを介してPCにアクセスできます。 あなたがファイルを転送するためのUSBオプションを見たいならば、これをチェックしてください。 Android 6.0マシュマロUSBオプション。 フォーマット前に使用可能だった古いファイルは、デバイス内でアクセスするためにバックアップから対応するフォルダに移動する必要があります。 特に内蔵メモリとしてフォーマットされている場合は、携帯電話からSDカードを取り出す前に、常にSDカードを取り出すことをお勧めします。

あなたはいつでもあなたの選択に従ってSDカードを再フォーマットすることができますが、あなたが何らかの外部の方法を使用していない限り別のフォーマットに保存されたデータは他のフォーマットに読めないでしょう。 これは、低ストレージデバイスを持っている顧客が直面する最も一般的な問題の1つに対処した、Android 6.0 Marshmallowを搭載したGoogleの最高の機能の1つです。

前の記事

IE、Chrome、Firefox、Safariで自動保存されたパスワードはどこにありますか?

IE、Chrome、Firefox、Safariで自動保存されたパスワードはどこにありますか?

フェイスブック Twitter Pinterest WhatsApp 電報 最近のブラウザでは、オンラインアカウントで初めてユーザーアカウントとパスワードを入力したときに、資格情報を記憶するように提案されています。 ブラウザがオンラインアカウントの認証情報を保存すると、次回同じサイトにアクセスしたときに、ユーザー名やパスワードなどの認証情報が自動的に入力されます。 ほとんどの場合、この内蔵ブラウザ機能は、さまざまなオンラインアカウントに対して複数のパスワードを処理したいユーザーにとって便利で簡単で時間を節約する機能です。 これらのブラウザはあなたのユーザ名とパスワードをあなたのシステムのローカルファイルに保存しています。 オンラインアカウントのユーザー名とパスワードを忘れた場合は、これらのローカルコピーからパスワードをブラウザに自動保存してもらうことができます。 この記事では、Internet Explorer、Chrome、Safari、Firefoxの4つの主要なブラウザの保存されているパスワードを見つける手順を説明しました。 Google Chromeで自動保存されたパスワードを探す Chromeブラウザで、右上のコントロールパネルボタンを見てください。 Chromeコントロールパネルボタンをクリックし、[設定](chrome:// settings /)> [詳細設定を...

次の記事

ドメインにプリンタを追加するにはどうすればいいですか?

ドメインにプリンタを追加するにはどうすればいいですか?

プリンタをドメインに追加するには、まずプリンタサーバー(ドメインのメンバであるプリントサーバー)からプリンタを共有する必要があります。 プリンタを共有していることを確認してから、次の手順に進みます。 スタート>コントロールパネル>プリンタとFAX>新しいプリンタの追加 ((プリンタの追加ウィザード)が表示されます) 次 ローカルプリンタ(検出しない) 次 新規ポートの作成>標準TCP / IPポート 次 ((標準のTCP / IPプリンタポ​​ートの追加ウィザードが表示されます)) 次 プリンタのIPアドレスを入力してください 次 次へ/終了 プリンタドライバを選択 次 プリンタに名前を付けます 次 「共有名」を選択して、プリンタに名前を付けます。 次 必要に応じて場所とコメントを入力します。 次 次 終了 今すぐプリンタがそのサーバーに追加されます。 起動スクリプトにSERVERPRINTER_NAMEにマッピングを追加できます。...